大学受験 補習 数学 勉強法|東大螢雪会

~数学~

ホーム学年別・科目別勉強法:高校生大学受験数学

 

高校生向け 数学の学習の進め方

大学受験の数学の問題を解けるようになるためには、まず数式の加減乗除や因数分解といった計算技術と各単元の本質的な考え方や意味の理解が必要であり、そのためにはある程度の量の基本問題をこなさなければなりません。

高校生になって数学のために予備校に通うと、講義を聴いただけで理解したつもりになって、手を動かすということを疎かにしてしまう場合がときおり見受けられます。そのために、せっかく時間をかけて予備校に通ったにも関わらず、その効果がほとんど現れないとう結果になっているようです。過去に大学受験の数学の個別指導を受けるために当会に入会した会員様の中にもそのような状況に陥っていた方がいます。

志望校に合格するためには、基本を身につけるとともに、標準問題を解くことにより解法の基本パターンを習得し、さらには応用問題に対応できるようにならねばなりません。そのためには膨大な量の問題に取り組む必要がありますが、全ての問題を自分一人で解決できるとは限りません。

一人では前に進めない、そんな時には当会が誇る講師陣の質の高い個別指導を受けてみて下さい。そうすれば、単に問題の解法を理解するだけではなく、自らがその解法を操ることができるようになるはずです。

  • あなたに合った勉強法があります