高校受験 補習 国語 勉強法|東大螢雪会

中学生~国語~

ホーム学年別・科目別勉強法:中学生高校受験国語

 

中学生向け 国語の学習の進め方

中学の国語では、現代文では論説文が多くなり、論理的に文章を読み解くことが求められます。また、文法や漢字の知識も幅広く必要となります。さらには、古文も学習しなければなりません。これらにしっかりと対応し、難易度の高い中学生の国語の問題でも正解を導くためには、高校受験の国語の勉強法が定着していなければなりません。

そのためには、漢字の書き取り練習といった地道な作業、文章を丁寧に読解すること、正しい表現による記述力を養うことといった高校受験の国語の勉強法が身に付いた上で、付け焼刃の勉強ではなく継続的な勉強をしっかりと行うことができれば、中学生の国語の問題のほとんどを解くことができるようになるのです。

一方、中学生の国語のために塾へ通って勉強を進めている方々も多いと思います。学校の授業内容の補習や高校受験のための指導を受け、膨大な量の宿題をこなすこととなります。そのような流れの中にいると、問題を次々に解くことに重点が置かれてしまい、自らの弱点に気付くことなく、さらには、読解力や記述力が養われる前に次の問題に取り掛かってしまう癖が付いてしまうことがあります。

文章中の鍵となる部分の読み飛ばし、筆者の考えの読み違いなどの致命的なミスをしてしまった場合には、どうしてそのようなミスをしてしまったのかを検証する必要があります。また、記述問題における自らの解答が正しいのか否かを検証する必要もあります。それらを行うことによってはじめて、自らの弱点を攻略することができるようになります。高校受験の国語を個別指導で学習する意義はここにあります。

  • あなたに合った勉強法があります