キャンパスレポート

ホーム東大螢雪会とはキャンパスレポート

 

木村 颯汰君 聖マリアンナ医科大学2年(桐蔭学園高校卒)/2017年11月10日UP

 


Q1 大学生活は充実していますか?


充実しています。私は浪人してしまったので、高校の頃の友人が上の学年にいます。そのため、彼らから様々なアドバイスをもらえるので色々とためになり、助かっています。学校生活では勉強をしっかりとやりつつ、友人とよく遊びに出かけています!


Q2 大学での勉強において、どのような点が楽しいですか?


私は大学受験の際、理科では生物を選択していました。受験生として努力して学んではいたものの、今から考えると意味を深く理解できていなかった事柄も多かったと思います。そういった、高校までの範囲の学習では理解できなかったようなことを大学では深く学べます。「これはそういうことだったのか!」というように学んだ知識が繋がっていくので、非常に楽しいです。


Q3 大学での勉強において、どのような点に苦労していますか?


とにかく試験毎に覚えなければならない量が多いのが大変です。たとえば解剖学では人体の構造の絵を描いて、各部位の名称を日本語と英語の両方で覚える必要があります。高校までの理科で学んでいた内容とは比べものにならない量になるため、苦労しています。


Q4 部活でのエピソードを教えてください。


私はスキー部に所属しています。冬には東医体などの試合に出場し、ノルディックなどの競技に楽しんで参加しています。未経験者も多く、先輩たちからのサポートもあるので、初心者でも楽しめる環境です。とても楽しく練習、競技に取り組めています。


Q5 今から振り返ると、螢雪会での勉強はどうでしたか?


螢雪会では数学、英語、生物の授業を受けていました。勉強面はもちろんのこと、精神面でも多くのサポートをしてくださる、アットホームで信頼できる先生方でした。お陰で安心して学習に取り組めたので、とても勉強がはかどりました。大学生となった今でも、連絡を取り合っている先生もいます。


Q6 螢雪会で勉強したことは、大学生活に役立っていますか?


螢雪会での勉強は今の勉強に生きています。螢雪会では、単なる受験テクニックだけでなく、本物の勉強方法を教えていただきました。それは医学部での莫大な知識を獲得する際の学習にも生きています。


Q7 将来の抱負を聞かせてください。


医学部は進級が難しいのですが、着々と進級、卒業し、早く立派な医師になりたいと考えています。患者さんの気持ちを患者さんの立場から理解することができるような医師になりたいと思います。



一覧へ戻る
上に戻る