• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
東大蛍雪会では、朝日小学生新聞に「中学受験コラム」を連載させていただいております。
志望校合格を目指す小学生の生徒様が中学受験を乗り切るためのコラムです。

第151回 2020年5月:「5月の勉強法」

東大螢雪会 朝日小学生新聞掲載
中学受験のためのコラム
(担当)東大螢雪会 学生講師

氏名:田代 陽久
現在の所属名:東京大学理科Ⅰ類1年
出身高校名:私立東海高校
出身中学校名:私立東海中学校
本文タイトル:4月の勉強法②

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって社会は大きく揺れています。そのため、思い描いていたような新学期の生活を送ることができていない方がほとんどを占めることでしょう。外出することもできず、ストレスのたまる日々が続いているのではないでしょうか。自分で立てたスケジュールが大きく狂ってしまい、気持ちが落ち着かず焦りが生まれてきているかもしれません。

今は誰にとっても辛い時期です。日々、どうしても心が乱れてしまいそうになるときがあるでしょう。しかしながら、それはあなただけではないのです。こんなときだからこそ、今一度毎日の学習に向き合ってください。どんな状況であれ、皆さんに求められることに変わりはありません。

勉強に集中することは大事ですが、ずっと机に向かってばかりいるのもよくありません。ストレッチやジョキングなどで体を動かすことも忘れずに。適度な運動は良いリフレッシュになるだけでなく勉強にも良い効果があります。また、こんな毎日ではどうしても生活リズムが乱れがちになります。早寝早起きをする、朝昼晩の一日三回の食事をしっかり取るといったいつもと変わらない生活を送ることが大事です。普段とは違う日常だからこそ、自分のペースを変えずに着実に予定をこなし、これまで当たり前に行っていたことを変わらず当たり前に行うことが重要です。

先月は、長い期間の予定を立て、それを短い期間の予定に落とし込むという方法を説明しました。現在のような、これまでの日常とはどうしても異なる日々では、一日という短い期間の予定を確実にこなすことすらいつもより難しくなるでしょうから、長い期間での予定を軸としてスケジュールを立てるこの方法は極めて有効であると考えています。また、先月と今月は予定を上手くこなせなかったという人は、予定を見直し、立て直すことをためらわないでください。

一日も早く日常に戻れる日が来ることを祈っています。それまでお互い頑張りましょう。


バックナンバー